変わらないということについて

だいぶポエミーな題名ですが。

 

こんばんは。みなさまいかがバレンタインイヴをお過ごしでしょうか。

私の部署、今年から義理チョコという文化がなくなりせいせいしております。

絶対もらう側も迷惑やないか。お返しとか面倒やないか。

GODIVAさんは本当にいい広告出してくれたと思っとります。

 

*****************

ところで、こんな素敵な商品をtwitterで見つけました。

 

10年日記というのだそうです。

何事にも3日坊主の私ですがこれは素敵ですね。

10年前のことが形に残る。とても素敵ではないですか。

 

*****************

 

私は今世間的にアラサーと呼ばれる年齢ですが、

いわゆるアラサー世代の女性たちほど時の流れにもみくちゃにされる人たちっていないんじゃなかろうか。

 

結婚、出産、パートナーの転勤…

子持ちの子もいれば、片思いをエンジョイしてる子もいる。

 

学生時代は毎日同じ時間割を過ごしていたのに

ちょっとずつ周りの環境が変わり、気づかないうちに自分も変わっていく。

 

 

私は学生時代、ソフトボール部に所属していた。

それはもうキャラの濃い同期7人たちで中高6年間を過ごしてきたけれど、

高3の引退の時、コーチが、問題児7人を根気強く怒鳴り育ててくれたコーチが、

「いつでもこのグラウンドに戻ってきなさい」と言った。

いかにこの言葉に救われてきたか。

 

 

変わらないものがある、帰ってきていいところがある。

 

 

その言葉の持つ力がいかに力強かったことか。

 

*****************

 

時間が流れる以上は、変わらないものなんてないのだけれど、

それでも変わらないでいてくれる場所、人、関係はなんてありがたいことなんだろうか。

 

対人関係もそうだ。

 

例えば

 

仲の良かった友に彼女ができた。

仲の良かった友に子供ができた。

 

環境が変わり、当然全く一緒の関係が続くはずなんてないのだけど

それでも変わらない関係性を保とうとしてくれる、変わらない場所でいようとしてくれる

めまぐるしく環境が変わる中で、そういう関係性があることは本当にありがたく心強い。

 

 

10年後、自分はどんな風になっているのかなんて想像できないけれど

今と同じ関係が続いてたらいいな。

変わらない場所があるといいな。

私もそんな変わらないものと関係が保てるように大事に育てなきゃな。

 

 

*****************

 

なんて思いながら。

 

明日にドキドキしている人もそうでない人も

良いバレンタインデーをお迎えください。

 

チョコレートを渡す相手と10年後も変わらぬ関係が続いていることをお祈りしております。

 

私もチョコ食べたい。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

webライター志望のサラリー女子。webデザインもちょろっと。 趣味の守備範囲は広く、フットワークは軽く。music/sports/yoga/design/health/food//趣味は音楽を聞くことと人間観察。夏とロックフェス恋しい。ものづくり、飲み歩き、人が好き。 東京は下町の入り口に住んでます。