日本のブルックリン 革製品を求めて蔵前散歩したのでメモ

 

下町の入り口に住んでいるので、蔵前は自転車ですぐ。

というわけでお散歩で巡った備忘録です。

 

目的

 

実は旦那さんがパスケースを欲しいということで探しに行きました。

 

今よくある定期が一枚スッと入るのではなくて、

 

  • 二つ折りできる
  • パスケースに穴が空いていて、チェーンでズボンと繋げられる(革のリングなどで接続できるタイプはNG)
  • できれば革製

 

失くすと仕事クビになるレベルでやばいことらしく、以上の条件を満たすものではないとダメというめちゃくちゃ厳しい条件。

 

これがまたない。

特に二つ折りがそもそもあまりない。需要が減っているのでしょう。

 

たしかに街中でもあんまり見ない。

 

大体こういう需要が少なくて店頭にないものってネットにあるよなあと思って

探すもみつからず。

 

 

そこで思いました。

「革製品を扱っている職人さんのいるところなら、ある程度カスタマイズできるのでは?」

 

というわけで、ものづくりの街・蔵前に探しに行きました。

 

結果正解だった。

 

行ったところ

 

基本的に革製品を扱うお店中心に。

時間的には待ち時間含めて1時間半くらい。

 

前半は革のお店を中心に。

 

お目当てが見つかったので、その待ち時間に休憩して、最後は帰り道にふらっと寄った感じ。

 

4時くらいから行動を開始したのでもっと早くから見ていればよかった、という。

いつも学びません。行動遅いマン。

 

REN

 

鞄メインのお店。

写真は取り忘れました。

 

広さ的には、お客さんが5~6人いてもゆったりぶつからずにみられるくらいの広さ。

内装はシンプルな印象。

鞄の他にも食器や雑貨なども。

 

ただし今回お目当てのものはなかったので、滞在5分くらいで出ちゃったんですけど

鞄がとにかくよかった。

 

製品の鞄はシンプルで、軽くて、使いやすそう。

今度は自分目当てのものを探しに行こうと決意しました。

 

鞄ほしい。

 

M+

 

ここも写真忘れました。

エムピウさんと読みます。

 

「蔵前 革」でググると結構上位に来る割と有名なお店。

広さ的には少し狭めで、お客さんも7~8人程度来ていたこともあり、すれ違うのに少しぶつかる感じ。

 

外国人の方もいらっしゃってました。さすがMADE IN JAPAN

 

お財布やキーケースなどの雑貨系が多めな印象。

小さな財布やペンケース等は機能にこだわっている感じがしました。

 

今、結婚式とかちょっとしたお出かけに持っていける小さな財布を探しているので

今度は自分目当てのものを探しに行こうと決意しました。

 

小さなお財布ほしい。

 

PRO-MENER

 

結局こちらのお店でパスケースは購入しました。

こちらのビルの3階

こんな感じの入り口。

 

文具で有名なカキモリさんの隣に階段があります。

お店の広さは、人がすれ違うのにぶつかるくらい。

入り口のディスプレイとか

 

正直あまり広くはないです。が、おいてある製品数がすごい。

あと、革のカラーバリエーションがすごい。

店員さんに革のバリエーションを見せてもらえます。

陳列側から、作業されているスペースが見れます。

 

 

そして、ついにありました、2つ折りのパスケース。

 

穴が空いていなかったので、店員の方に穴をあけてもらえないか確認したところ

「できますよ」の快い返事。

 

穴が広がらないようにする金具をつけて、作業代として+¥300。

名前も入れられるとのことで、刻印もしてもらいました。

これで+¥1000。

元値が¥8000強だったので、消費税込みで¥10000程度で希望のものを手に入れました。

願いがかなう町・蔵前。

 

 

ダンデライオン・チョコレート

かの有名な。

刻印と穴あけ作業で30分くらいとのことだったので、すぐ裏手にあるこちらで休憩。

遊んでいる子供達も多くて、もう春な雰囲気。

カプチーノをいただきました。

食器がおしゃれ。

 

店内は甘いチョコレートの香り。

今度はスイーツ食べたい。

 

 

約40分後、先ほどのお店に戻って無事購入したものを受け取り。

いい買い物しました。

 

Koncent

 

帰り道に寄りました。

雑貨のセレクトショップ。

 

他店では見られないような、機能とデザイン性の高い雑貨を見ることができます。

昨日は珪藻土を使ったバスマットやせっけん置きのラインナップが豊富でした。

珪藻土の歯ブラシ立てがかわいかった。

 

こんな雑貨に囲まれて生活したいな~など

妄想がフルで膨らむお店です。

宝くじ当てたらお店の商品全部買いたい。

 

 

御徒町~蔵前は「カチクラエリア」といって

モノづくりが盛んな地域として有名です。

たしかにちょっと歩くと何かしらのモノづくりのお店に出会えます。

あと、コーヒー豆にこだわっているカフェや、浅草も近く外国人向けのユースホステルなども多く、

歩いてるだけでおもしろいのでオススメです。

 

 

ここら辺は私のお散歩エリアなのでまたお散歩備忘録でも書きます。

 

ところで、すぐにデジイチで撮れるように買ったストラップがオシャレで機能性高くてオススメ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

webライター志望のサラリー女子。webデザインもちょろっと。 趣味の守備範囲は広く、フットワークは軽く。music/sports/yoga/design/health/food//趣味は音楽を聞くことと人間観察。夏とロックフェス恋しい。ものづくり、飲み歩き、人が好き。 東京は下町の入り口に住んでます。