奥飛騨でいろいろ満喫してきた話ーグルメと宿編ー

 

間が空いてしまいましたが、奥飛騨後半お宿とグルメ的サムシングです。

1週間たってるやん…。

 

お宿編

 

今回お世話になったのは深山桜庵さんです。

このような立派な門構え。

 

従業員さんにお話を伺ったところ、深山桜庵さんはオープンして10年くらいとのことでした。

写真はめちゃくちゃ雪が降っていますが、中はとても暖かい。

 

 

内風呂付きのお部屋でした。

 

部屋で雪見風呂だなんて贅沢。

 

 

 

部屋はあろうことか撮り忘れましたが、モダンな和という感じで、まるで家で過ごしているように過ごせます。

 

風情があっていいお部屋ですね。

 

体が冷えましたので、早速温泉です。

 

鉄分が多い泉質のようです。

ただひたすらに最&高でした。

 

 

温泉出たら牛乳派です。

 

飛騨の牛乳はとにかく味が濃くて、ちゃんと牛乳の味がする。

 

旦那の実家でも牛乳ばっかり飲んでました。家の近くでも売って欲しい。

 

 

ところで、お宿の中は部屋についている作務衣と、チェックイン後に自分の好きな浴衣が選べ、どちらででも快適に過ごせます。

粋ですね。

 

 

グルメ編

 

まあ本当に美味しいものが多いんですよ、岐阜という地は。

豊かな自然が育むのでしょうか。

野菜も米も肉も魚も美味しい。

 

 

 

夕飯が20時からのコースのため、お気遣いでみたらしのお団子いただきました。

無料なのに美味しい。

 

そして夕食へ

いざ、実食

ヨーグルトの食前酒と、刺身こんにゃくにつける酢味噌です。

器も素敵で様になる。

 

 

とりあえずビールでしょう。

 

地ビールを摂取するのです。

 

お米の味がしました。飲みやすい。美味しい。

 

奥のは旦那のプレモルです。

 

 

前菜と魚たち。

食事がススムくん。

 

 

これめちゃくちゃ美味しかった!!!!!!!!

カブの…?

あんかけでした。

リピートしたい。もう10個くらい食べたい。

 

 

網で飛騨牛を焼くのです。

 

 

 

これは初めて知ったもので、コース外のアラカルトでオーダーしたのですが、

高山地方の居酒屋では定番メニューだそうです。

 

「漬物ステーキ」と言います。

熱々の鉄板で漬物を炒め、卵でとじているのだと思われるのですが、

本当にイメージだけでいうと「さっぱりしたとん平焼き」みたいな感じでしょうか。

 

全国の居酒屋でも出して欲しい。

 

居酒屋などでお酒を飲んでいて

 

  • 酒のつまみが欲しいけど、だいぶお腹いっぱい
  • かと言って、漬物盛り合わせだとちょっと足りない

 

みたいな時ありませんか?

本当にちょうどいいです。美味しいし。

 

 

最後の水物です。

ここまででだいぶお腹いっぱいになっていましたが、これも完食しました。

 

ちなみにこの後、10時から無料で高山ラーメンをいただけるというイベントがあります。

無料だからと甘く見ていると痛い目に合います。そう、めちゃくちゃ美味しいということです。

 

旅まとめ

 

ひたすら美味しいものを食べました。

豊かな自然と素敵な空間と美味しい食事とお酒、もう言うことないです。

 

私は寒いのが極端に苦手で、かなりビビって行ったのですが

ある程度着込めば寒いの苦手&冬苦手の人でもかなり快適に過ごせます。

建物の中は暖かいのです。

 

これでもかと言うくらい着込んで行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

webライター志望のサラリー女子。webデザインもちょろっと。 趣味の守備範囲は広く、フットワークは軽く。music/sports/yoga/design/health/food//趣味は音楽を聞くことと人間観察。夏とロックフェス恋しい。ものづくり、飲み歩き、人が好き。 東京は下町の入り口に住んでます。