まだ妊娠9ヶ月だけど今までの妊娠中の体のトラブルを振り返ってみる【回顧録】

 

こんにちは、ヤスダモニ(@moni_chan_)です。

 

本日現在妊娠34w6dで、明日から35wに突入します。

一般的に37wから正期産と言われているようで結構ドキドキした毎日を送っている今日この頃です。

 

マメな性格であれば母子手帳に細かに記載して・・・ということなのでしょうけれど

残念ながらわたしは全くマメな性格ではないのと、今まで闘ったマイナートラブルを色々な人と共有できれば

マメでない性格も報われるのでは?と思ったので、ちょっとまとめてみることにします。

 

妊娠発覚時の症状

 

半端ない眠気

 

妊娠が発覚したのは5月のGW明け。

5月のGWは岐阜に黒部ダムに旅行に行ったりしていたのですが、旅行の移動中やたら眠い。

思い起こせば4月下旬から「何か薬を盛られたのでは?」というくらい本当に眠い。

眠すぎて食後の皿洗いもままならず寝入ってしまい、主人に「ちょっといい加減にして?」と

言われる始末でした。

 

胃の膨張感

 

食べるとすぐ満腹になり、げっぷがでる。

あれ?胃腸風邪かな?みたいな症状が続きました。

 

妊娠3ヶ月〜5ヶ月初期

 

正直全く思い出しだくない時期。ほぼ寝たきり、意識も虚という状態。

半端ないつわりでした。

立ちくらみ

 

立てば立ちくらみ。

自宅リビングの座椅子が巣になってました。

 

船酔い・二日酔いレベルの吐き気

 

毎日が二日酔い。毎日が船酔い。

とにかく吐き気。

 

立ちくらみと吐き気のせいで買い物にも行けず。

調子がよく食べられそうな日はuberで頼んでみたり、炊いたお米で簡単なおかゆを作ったり

amazonのprime nowでスープを配達してもらったり、

 

あとは買い貯めしたフルーツゼリーとカットフルーツに救われました。

これなかったら死んでた、多分。

 

ほぼ実家に帰らせてもらい、会社もおやすみ。

有給ほぼ使い切りました。今まで休んでなさすぎて逆にそれで済んだことが奇跡。

 

私は営業職だと病院に伝えたところ、母性健康管理指導事項連絡カードを書いてもらえました。

会社にもよると思いますが、私はこれによって配置転換や時短勤務など会社に相談しやすくなりました。

診断書のようなもので、先生にお願いすれば書いてもらえます。

 

熱中症

 

酷暑だったこともあり3回くらいなりました。

子に水分を取られます。妊婦の夏は暑い。

 

出血で救急車騒動

 

ほぼ動けない状況だったにも関わらず、真夜中に出血騒動。

真夜中で行っていたクリニックもやっておらず、救急相談の窓口7119番に電話して

相談したところ「救急車を呼んだ方がいいです」との判断だったため救急車にて緊急搬送。近くの大学病院へ。

 

真夜中に検査したところ、とりあえず問題なしなので安静にということで

処置だけされタクシーにて帰宅。

 

安定期までそわそわする日々が続きました。

 

妊娠5ヶ月〜8ヶ月

 

今思えば「安定期」という言葉通り、体調全般安定期でした。

たまに朝胃のむかつきのある日もあったものの、目立ったトラブルもなく。

心も安定した日々のおかげで、友人と食事やらお出かけを1番楽しめた時期でした。

とは言え、マイナーなトラブルはやはりつきもの。

 

出血で真夜中にタクシーで病院へ

 

安定期だとのんきに構えていたら、やってしまいました。

会社復帰2週間くらい経ったころだったと思われます。

 

前のクリニックから大学病院へ転院していたので、電話で相談したところ「すぐに来てください」という

心強い返事。

 

真夜中にタクシー飛ばして大学病院へ。

異常なしでしたが、張り止め・出血止めを処方してもらい、翌日は自宅安静とのことで診断書をいただく。

安定期と言えど余裕は禁物だなあと思った出来事でした。あと真夜中の病院はなかなかカオスでした。

 

動悸・息切れ

 

朝起きたら止まらない動悸。

家の中を動くだけなのに息切れ。

 

酷くて起きられなくなってしまい、出勤した主人にヘルプを頼みこれまた里帰り出産で転院していた

実家近くの病院までカーシェアリングで借りた車で病院へ。

 

原因は「水分不足」とのことでした。すでに季節は秋でしたが、秋でも脱水になるなんて思ってもみませんでした。

 

妊娠9ヶ月現在

 

そして現在。

物理的なお腹の重さによる不具合が出て来ました。

 

腰痛

 

お腹に2kg以上つけているので、そりゃ痛くなります。

骨盤ベルトをつけてケア。

 

背中痛

 

腰痛の延長だと思っていました。

普段から肩こり持ちなので、まあそんなものの延長だろうと思っていたら、なんと腎臓が腫れていました。

 

尿管が大きくなった子宮に押しつぶされ、腫れることがあるとのこと。

産んだら治りますとのことで、痛いときは安静にしてくださいとの診断。

 

どうしても痛いときは尿管に管を通すこともできるけど・・・と言われましたが想像するだけで

怖すぎ&痛すぎたので、頑張りますと宣言しました。

 

ググってみたけどあまり解決策がわからないので、

  • 水分をとって腎臓〜膀胱へ流れをよくする
  • 温める

という民間療法で頑張ってみようと考えています。

 

まとめ

 

調子のいい日・悪い日の差はありますが、基本的になんらかのトラブルとの闘いの日々が

続いているように思います。

 

妊娠されている方の参考になれば1番だし、パートナーが妊娠されている方のなんらかの参考になれば

私のマメでない性格も救われそうです。

 

出産まであとわずか。気を抜かずになんとか元気に産みたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

webライター志望のサラリー女子。webデザインもちょろっと。 趣味の守備範囲は広く、フットワークは軽く。music/sports/yoga/design/health/food//趣味は音楽を聞くことと人間観察。夏とロックフェス恋しい。ものづくり、飲み歩き、人が好き。 東京は下町の入り口に住んでます。