湯島のおでん・こなからでしっぽり激ウマおでんキメてきた

湯島にしっぽり立つ、一軒家のおでん屋さん・こなから

 

御茶ノ水駅から徒歩5分くらいの所に、それは立っています。

 

門の前に立っているだけで関西風のお出汁のいい匂い。

そして入口のお品書きですでにそそられる食欲。

渋くてたまらん佇まい。

 

地方から戻ってきた会社後輩おかえり祭(3名)を、こんな素敵なおでん屋さん・こなからさんで

執り行わせていただきました。

予約は20:00〜

ラストオーダーは22:00とのことでしたが、わたしたちが入店した後も

ひっきりなしにお客さんが来ていて、空席になったのはまさにラストオーダーの22:00。

 

予約取れてラッキーでした。

 

入店。食べたものとか

 

席は全席カウンター席。

ひょうたん型のお鍋の真ん前の席でした。

たまらん。

後輩のおビールを撮らせていただきました。

妊婦は黙ってノンアル。

お通し3点。

茶碗蒸し・サザエ・イカの煮付け

銀杏の塩揚げ。日本酒くいっといきたくなるやつ。

牛すじの煮込み。

牡蠣のおでんはお吸い物みたいな感じ。

大きくてプリッとしたやつが口いっぱいに広がります。

ゆずの香りがまた良き。

おでんはタネごとに注文できます。

大根・卵・厚揚げなどのオーソドックスなものから

かぼ丸・じゃが丸・おこげなどオリジナルものまで。

 

大将の後ろに貼ってある手書きのオススメメニューも美味しくて

なにがナンバーワンか決めかねるほどでした。

個人的最後の締めは、こちらのあんこ玉さんで締めさせていただきました。

「お出汁にあんこ・・・?」となりそうですが、

というか最初実際わたしもなりましたが、食べてみると甘じょっぱい感じで

ほっこりした美味しさでした。

 

結構いっぱいオーダーしてしまったのでお腹に空きがなくなってしまったけれど

周囲を見回すと、「出世うどん」というメニューをみなさん締めをオーダーされてました。

 

ゴマベースのつけ汁にうどんをつけて食べるようですが、

そのゴマを擦ってからつけ汁にするので、「ごますり→出世する!」

という由来のようです。

野心家の方も、そうでない方も、締めにいかがでしょう。

 

 

こなから 本店 http://konakara.com/top.html

 

これは本当に妊婦の独り言ですが、最近は禁煙でお酒飲めるところが増えて来て嬉しい限り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

webライター志望のサラリー女子。webデザインもちょろっと。 趣味の守備範囲は広く、フットワークは軽く。music/sports/yoga/design/health/food//趣味は音楽を聞くことと人間観察。夏とロックフェス恋しい。ものづくり、飲み歩き、人が好き。 東京は下町の入り口に住んでます。